外壁塗装の費用 いくらかかる?

外壁塗装の費用、いくらかかる?

一戸建ての塗替えが90万円、この価格は適正?

2階建ての一戸建てで、壁と屋根の塗替えを見積したら、足場も込みで90万円。壁は一液シリコンセラUV、屋根はシリコンルーフです。この価格が適正かどうかチェックする方法は?

 

 

トータルいくらだったら、適正というのはなかなか難しいものです。

 

本気でチェックするなら、内訳(工事項目ごとの単価と平米数)を出してもらい、項目ごとにチェックすると良いでしょう。


 

外壁塗装の窓口によると、
国の住宅ローン制度などを扱っている、住宅金融試験機構の調べでは日本の平均一戸建ては138平方メートル(約42坪)だそうです。

 

そして、この坪数の屋根&外壁塗装をするとしたら、外壁塗装の価格相場は約120万円なのだとか。

 

ただ、中にはそういう平均値から「ざっくり100万円です」とか、適当な値段を出してくる営業マンもいます。そして、下請け業者に「いいから、この値段でやってよ!ね!わかるよね!?」と、押し付けるんですね。

 

そうなると、手抜き工事やトラブルにつながっていっちゃいます…。見積の段階で、ちゃんとした業者はある程度見抜けますので、チェックしておきたいですね。

 

外壁塗装の見積の内訳(例)

項目 平米あたり単価 備考
足場 600円〜800円 足場無料とか、安すぎる単価には注意。飛散防止ネットが含まれている場合も。
養生 300円〜400円くらいなら 一式で提示されることが多い
高圧洗浄 200円〜300円 下地処理が込みの場合が多い
下地処理   諸経費や、他の費用に込みの場合が多い
コーキングなど   その他費用に入ってることが多い。
下塗り

シーラー。
700円〜800円

塗料によって異なる
中塗り

シリコン塗料なら、
800円〜1000円

中塗り・上塗りが一式になってる場合も
上塗り

シリコン塗料なら、
800円〜1000円

中塗り・上塗りが一式になってる場合も
片付け・清掃など   業者からすると「調整用」項目。この項目があると怪しい?
諸経費・その他   業者の調整用項目。明細なのに「諸経費」って、ありえない!

 

外壁塗装の塗料の価格

下塗り、中塗り、上塗りは、塗料によって価格が全然違ってきます。

 

特に要望も聞かず一般的でない塗料(関西ペイント、エスケー化研、日本ペイント以外の塗料)を見積に入れてくる業者は怪しい…かも?

 

また、フッ素塗料や冷暖房費が節約できるというガイナなどはお高いです。

 

外壁塗装の足場無料のワナ

頼む側からしたら、足場?そんなのウチに関係ないじゃん、なんでそんなのにお金払わないといけないの…という人が少なくありません。

 

そこで、「ウチは足場無料です!」と言ってくる業者がいるんですね。これはとっても魅力的に聞こえます。

 

足場というのは、外壁塗装に必須のものですし、じつは結構お金がかかります。ここをタダにすると、確実に赤字になります。つまり…業者がそんなことできるわけがない!

 

そのカラクリはというと…別の見積項目の単価を意図的に上げるなどして、わからないように足場代を請求するんですね。

 

ある意味、客を騙すようなそういうやり方…見積自体が信用ならないですよね。

 

外壁塗装の大幅値引きのワナ

 

見積というのは、ある程度のお得感を出すために、「最後にちょっと値引き」というやり方をする業者が多いようですね。確かにちょこっとでも値引きしてくれたら嬉しい!

 

でも、この値引きが大きすぎる業者には注意です。

 

見積はコレコレ、詳細はコレコレ、でも特別に90万円値引きしましょうみたいな。オイオイお得感を出すテクニックにしても、あからさますぎるだろう。

 

こういう業者は、見積自体が信用ならないってことになりますね。

 

家の塗替え価格の適性相場を知るには?

 

もしも訪問してきた業者の見積が適正かどうか調べるなら、別の業者に相見積もりを取るのが確実です。

 

具体的には、こちらをご参考にどうぞ。

 

参考)外壁塗装の相場はどうやって調べる?

外壁塗装の塗料で金額はどう変わる?

外壁塗装の費用は、塗る面積と、使用する塗料によって変わってくるようですね。

 

外壁塗装の案内所というサイトに、塗装面積、塗料、実際の工事料金が記載されていたので、まとめてみました。

 

外壁塗装の塗料別 工事費用例

工事箇所 延床面積(平米) 塗料 工事費用
外壁+屋根+他 95 遮熱シリコン 125万円
外壁+屋根+他 103 UVプロテクト、ナノコンポジット、サーモアイ 155万円
外壁+屋根+他 105 パワーアシストクリヤ、パワーシリコンマイルド 100万円
外壁+屋根+他 107 シリコン 90万円
外壁+屋根+他 109 キルコート 150万円
外壁+屋根+他 111 フッ素 101万円
外壁+屋根+他 112 シリコン 65万円
外壁+屋根+他 128 シリコン 114万円
外壁+屋根+他 139 シリコン・ウレタン 105万円
外壁+屋根+他 140 シリコン 132万円
外壁+屋根+他 140 フッ素UVプロテクトクリア 109万円
外壁+屋根+他 161 ファインシリコンフレッシュ 99万円
外壁+屋根+他 163 ナノコンポジット 99万円
外壁+屋根+他 188 ハナコレコション300UV、サーモアイ4F 177万円
外壁+屋根+他 195 シリコン 162万円

 

外壁塗装の費用を安くする方法

ほとんどの人が、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うようですね。プラス、ウッドデッキやベランダなど、それ以外もついでにという方も多いようです。(上記の工事箇所で「+他」の部分)

 

工事費用は、地域や外壁の素材(サイディングとかモルタルとか)によっても変わってくるみたいです。あとは、家の老朽化具合など。

 

上記の工事費用は、一括見積りして細かいところを詰めて上がってきた数字なので、最初からこの金額は出ないと思います。一括見積を取って比べる、という手間があってこそのものなんですね。

 

ただし、一括見積りサイトを使うと、それほど手間なく金額が下げられるのが良いですね。

 

いっぱい見積もり来ても、比べ方がわからない…というあなたは、外壁塗装の案内所のように、あなたと業者の間にスタッフが入ってくれるタイプのサービスがおすすめです。

外壁塗装の見積もりを比較する方法は?

訪問営業してきた業者の出してきた外壁塗装の見積が高すぎる気がします。別の業者の見積と比べてみたいんですが、そんなことして大丈夫でしょうか?

 

「相見積もり」と呼ばれる一般的な方法です。

 

もちろん問題はありませんし、積極的に相見積もりを取りましょう。その際、匿名で見積もりできるところを選ぶと良いでしょう。


 

相見積もりの取り方

別の業者に電話をかけて、条件を伝えて見積を取っても良いのですが、それがきっかけでしつこい電話営業をされても困りますよね。

 

外壁塗装や屋根塗装の相見積もりを取るのに、初心者でも簡単なサービスがあります。

 

外壁塗装の費用 いくらかかる?

 

ざっくり言うと、コンシェルジュ(相談係)が、あなたと業者の間に入ってあれこれ相談に乗ってくれるサービスです。

 

  • コンシェルジュと呼ばれる仲介係が、業者に匿名で見積を取ってくれる
  • いま、訪問営業に来ている業者に、代わりに「お断り」してくれる
  • その他、外壁塗装や屋根塗装で困ったことがあったら相談に乗ってくれる

 

特にはじめての外壁塗装などの工事は、連絡の行き違いなどでトラブルことが多いので、仲介者に入ってもらったほうが良いと思います。

 

たとえば、ヌリカエというサービスが、外壁塗装の相談、お断り代行、見積等おこなってくれます。

 

一括見積の取り方

 

さらに一歩進んで、何社もの業者に見積を取るサービスがあります。いっせいに見積出してもらって、一番安いところにお願いするよ〜〜!っていう方式です。

 

外壁塗装の費用 いくらかかる?

 

たとえば、外壁塗装駆け込み寺や外壁塗装の窓口というサービスで、一括見積を取れます。(匿名でとれます)

 

まとめ

あなたの家のことですから、あまりに激安なところに頼んで「こんなはずじゃなかった!!」ってことにはなりたくないですよね。

 

外壁塗装の費用 いくらかかる?

あなたが、リフォーム初心者なら…?
 ↓
手取り足取り教えてくれるヌリカエ

 

>>>ヌリカエ 特集ページ

 

 

外壁塗装の費用 いくらかかる?

ある程度知識をお持ちで、とにかく値段を下げたいなら…?
 ↓
外壁塗装駆け込み寺や外壁塗装の窓口のような一括見積

>>>外壁塗装駆け込み寺 特集ページ

>>>外壁塗装の窓口 特集ページ